close

フカヒレと中華食材の仕入れや卸なら中華・高橋へフカヒレと中華食材の専門卸

会員登録すると便利でお得

  • 15,000円以上のご注文で送料無料
  • LINE友だち募集中!
  • お友達紹介制度

現在のかごの中

合計数量:0

商品金額:0円

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

  • 私たちについて
  • プロデリカ
  • 施設向け

営業カレンダー

2024年4月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
2024年5月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

※赤字は休業日です

フカヒレ売上No.1
中華・高橋のフカヒレ

いちからこだわって作りたい本格派向けのフカヒレから、
温めるだけで使える手軽なフカヒレまで
専門メーカーならではの幅広く高品質な品揃えが自慢です。
ここを見れば、中華・高橋のフカヒレがまるわかり。
種類や特徴を知ってあなたのお店に最適のフカヒレを見つけましょう!

01. 原料となるサメの種類と特徴

世界中には約500種類のサメがいますが、
気仙沼で水揚げされるのは主に下記の3種です。

魚種
  • 吉切鮫(ヨシキリザメ)

    吉切鮫(ヨシキリザメ)

    日本の高級レストランで不動の人気を誇る吉切鮫のフカヒレ。スッと伸びた繊維が密集し、美しいフォルムを描いているのが特徴です。尾びれの先は口に含んだ途端にとろけ出すような柔らかさ。中央部分は一本一本が食べ応えのある金糸。一枚で異なる食感をご堪能いただける贅沢なフカヒレです。独自の製法で戻された吉切鮫のフカヒレは、しっかりとした食感を残しながらも柔らかく、ふっくらとしています。幅広い世代に愛されている理由の一つです。

  • 毛鹿鮫(モウカザメ)

    毛鹿鮫(モウカザメ)

    コラーゲンを多く含んでいる毛鹿鮫のフカヒレ。金糸は細めで繊細ながらも厚みは圧巻!金糸と金糸の間からコラーゲンが溶け出し、毛鹿鮫特有の濃厚な味わいをお楽しみいただけます。毛鹿鮫は夏の間に海を泳ぐ鮭を主な餌としており、サーモンシャークの別名を持ちます。そのため、水揚げはほとんど夏に行われ、期間限定の貴重な鮫なのです。

  • 青鮫(アオザメ)

    青鮫(アオザメ)

    スピーディーな泳ぎの青鮫は、尾びれをよく動かすため金糸の一本一本が発達して、肉厚なフカヒレとなります。ゼラチン質が少ない青鮫は、金糸が際立ち、美しい輝きを放ちます。食感もプリッと弾けるような歯ごたえが楽しめ、香港などでは珍重されるフカヒレです。漁獲量が鮫全体の5%足らずと非常に少なく、希少性の高い青鮫は、ごく少量しか入荷されません。その価値をご存知のフカヒレ通の方々に大変人気があります。

部位

サメのヒレは6種8枚。すべてがフカヒレとして活用されます。

  • 尾ビレ

    尾ビレ

    姿煮といえばコレ。
    美しい形と厚みで人気絶大!

  • 背ビレ

    背ビレ

    尾ビレと似たきれいな三日月形。
    程よいボリュームが人気。

  • 胸ビレ

    胸ビレ

    薄いため面積が大きく、
    見栄え抜群!コスパも◎

魚種・部位の組み合わせで
様々なフカヒレを用意しております!

排翅(パイツー)

ヒレの形が保たれたフカヒレで、姿煮に最適な製品です。
ぶ厚くて迫力のあるもの・平たく柔かなもの・ゼラチンたっぷりプルプルのもの
金糸が太くプリっとした歯ごたえのものなど、
ヒレの部位・魚種・大きさ等によって、異なる見た目や食感が楽しめます。

  • てまなしモウカ排翅

    てまなしモウカ排翅てまなしシリーズ

    モウカザメ・尾ビレ

    購入はこちら

  • てまなし翼排翅

    てまなし翼排翅てまなしシリーズ

    ヨシキリザメ・胸ビレ

    購入はこちら

  • 福建式排翅

    福建式排翅冷凍シリーズ

    ヨシキリザメ・胸ビレ

    購入はこちら

  • ペイチー

    ペイチーレトルトシリーズ

    ヨシキリザメ・背ビレ

    購入はこちら

  • イーチー

    イーチーレトルトシリーズ

    ヨシキリザメ・胸ビレ

    購入はこちら

  • ウェイチー

    ウェイチーレトルトシリーズ

    ヨシキリザメ・尾ビレ

    欠品中

冷凍シリーズ柔らかく戻したあとに冷凍しました。解凍後、かたさを確認しながらお好みのかたさになるまで蒸し時間を調節してご使用ください。いちから調理する本格的なフカヒレをお求めの方はこちらをご使用ください。
レトルトシリーズ柔らかく戻してあるので、そのまま調理に使用することが可能です。臭いが気になる場合は、開封後さっと湯通ししてください。常温保管が可能な商品ではありますが、20℃を超えるとフカヒレのゼラチン質が溶け始めるため、なるべく冷暗所で保管してください。
てまなしシリーズ丸鶏スープでじっくり蒸しあげてやわらかく仕上げました。解凍後、スープやソースで軽く煮込むだけでやわらかくて美味しいフカヒレ姿煮が出来上がります。『紅焼醤』との相性も抜群でおすすめです。

こちらに掲載されているフカヒレ以外の魚種・部位をお求めの方は、
お手数ではございますがお問い合わせください。

散翅(サンツー)

金糸と呼ばれるヒレの繊維がほぐれた状態のフカヒレです。
中華・高橋では、用途によって加工方法を変え下記の3種類を用意。
金糸の状態により、グレードも3種類を用意しております。
HG:ハイグレード / MG:ミディアムグレード / RG:レギュラーグレード

  • 広東式散翅

    広東式散翅

    金糸と金糸の間のゼラチン質を丁寧に取り除いていますので、すっきりとした料理に最適です。

    購入はこちら

  • 上海式散翅

    上海式散翅

    金糸と金糸の間のゼラチン質を適度に残しているので白湯などを使った濃厚な料理に最適です。

    購入はこちら

  • ふかふか散翅

    ふかふか散翅

    金糸と共にフカヒレの縁側である魚唇をブレンド。低価格メニューに対応したお徳用散翅です。

    購入はこちら

他、フカヒレ商品一例

ほかにも様々なフカヒレ・加工品を取り揃えております。
用途やお好みに合わせてお選びください!

  • 魚唇

    魚唇

    ヒレの付け根あたりにあるコラーゲンリッチなゼラチン質の塊部分で、謂わばフカヒレの「えんがわ」です。むっちりとしていて熱を加えるほどにとろりとした食感へと変化していきます。

    購入はこちら

  • 魚唇絲

    魚唇絲

    コラーゲンリッチなゼラチン質の塊部分であるフカヒレのえんがわの魚唇。魚唇絲(ユイチェンスー)はその魚唇の特徴を活かすために、やや太めの4.5mmのスライスへと仕上げました。

    購入はこちら

  • 上海式塊翅

    上海式塊翅

    塊状のフカヒレで、面で魅せるタイプの散翅です。糸状よりも存在感を出しやすいうえ、スープやソースとも絡みやすく、あんかけや焼売のトッピングなどフカヒレを目立たせたい料理に最適です。

    購入はこちら

02. フカヒレ調理をもっと手軽に!

フカヒレは本来、調理に入る前までにとても手間がかかる食材。
中華・高橋では、フカヒレを使ったことのない方にもご利用いただけるよう、
手間のかからない商品などもご用意しております。
フカヒレは難しいとお悩みだった方もこの機会にぜひご活用ください!

てまなしシリーズ

解凍してお好きな味で煮込むだけ!

  • てまなしモウカ排翅

    尾ビレ

    大きく厚みもあって迫力満点。分厚いモウカザメは下味の入りづらさが調理の難しさでもありましたが、どなたでも美味しく調理いただけます。

    購入はこちら

  • てまなし翼排翅

    背ビレ

    表面積が広い胸ビレを丸鶏スープでじっくり蒸しあげて、やわらかく仕上げました。金糸はしっかりしているので見た目や食感も堪能できます。

    購入はこちら

  • てまなし中取り極

    胸ビレ

    フカヒレの金糸の太い部分を長方形に成型し詰め合わせました。形や重量など統一されているため使いやすく、解凍後すぐに調理いただけます。

    購入はこちら

フカヒレ総菜

温めたらそのまま使用可能!

03. サメ肉の使用

中華・高橋ではフカヒレはもちろん、サメ肉の活用にも力を入れています。特にピーチシャークは、すり身でしか活用されてこなかったヨシキリザメの肉を『切り身』そして『刺身』へと価値を高め、フカヒレメーカーとして意義を持って取り組んだ画期的な商品です。

  • ピーチシャーク

    ピーチシャーク

    高たんぱく、低カロリー、低脂質でヘルシーな食材。また、小骨がないので子どもからご年配者まで安心してお召し上がりいただけ、臭いやクセもなくとても使いやすいです。

    購入はこちら

  • シャークナゲット

    シャークナゲット

    低脂肪・高タンパクなサメ肉を食べやすいナゲットにしました。チキンナゲットと比べて、脂肪分が少なくふかふかとした軽い食感なので、スナック感覚で楽しめます。

    購入はこちら

04. 産地を訪ねて

宮城県最北端 気仙沼産

なんと言っても最大の見どころは魚市場。一歩足を踏み入れると、想像を遥かに超えるサメの山が視界を覆い尽くします。ここで競り落とされたサメたちは、魚体はスリミに、ヒレはフカヒレに加工されていきます。寒い季節になると冬の風物詩でもあるフカヒレの吊るし干しの光景があちらこちらで見られます。

本吉工場

ヨシキリザメやモウカザメを中心とするフカヒレの加工を手掛ける工場です。ここでは伝統的なフカヒレの加工技術を進化させた、当社独自の製法「スムキ加工」でフカヒレを生産しています。また、限りある資源を有効に活用するため、フカヒレだけでなく、フカ皮、フカ肉、サメ軟骨など他社では加工の難しい部位も商品化。気仙沼に伝承されてきた加工法を元にして、高品質で多彩な商品を数多く作りだしています。

気仙沼工場

主にサメ肉の加工を手掛けている気仙沼工場。主力商品はピーチシャークの切り身や加工品。ヨシキリザメの肉は、従来アンモニア臭が強いと言われてきましたが、徹底した鮮度管理によってこの問題を克服。現在はレストランや給食施設等で幅広く活用されています。

最知乾燥場

最知乾燥場では、乾物としてのフカヒレ製品である「原ビレ(げんびれ)」の加工を手掛けています。丸干しを行うのは、11月末から翌4月上旬にかけて、気温が10度以下に約90日間。製造できる数には限りがありますが、昔ながらのフカヒレにこだわるシェフたちに愛用されています。

05. ワシントン条約について

2022年11月14日から11月25日にかけてパナマにて、ワシントン条約(CITES)の第19回締約国会議が開催されました。その際、ヨシキリザメを含むメジロザメ類が附属書Ⅱに掲載されることが決定しました。このことについて、補足説明も交えながら簡潔に状況の説明をまとめましたのでご参考ください。

ワシントン条約について

ピックアップ

販促ツールダウンロード

インフォメーション

フカヒレと中華食材の専門卸 中華・高橋